学生プロジェクト工房
デザインワーク

 

デザイン研修活動
デザイン・トーク・セッション7

2003年10月

     
 

デザイントークバトル
現役デザイナー 講師によるジャンルを越えたクリエイティブマインドのぶつけあい。

グラフィックデザイナー  今村昭秀 IMAMURA Akihide
      ―― スポンサーの要望を満足させるかたちが総て。

家具デザイナー  笠松栄 KASAMATSU Sakae
      ―― 和のかたちによる美しさの追求と隠された技術。

環境デザイナー  北尾克三郎 KITAO Katsusaburo
      ―― 風景としての空間への道。

CGデザイナー   高木きっこ TAKAGI Kikko
      ―― インターコミュニケーションのインスタレーション。  

アーキテクト    中尾寛 NAKAO Hiroshi
      ―― もっと身体感覚へ。

当日 夕刻から学生ホール特設リングにおいてバトルは開始された。
自己を主張する作品スライドとトークは何の脈絡もなく、長時間におよび、その接点を見つけるためのに、そこにアルコールが介在した時点から、ささやかなジャブの応酬となった。つまるところ、デザイナーと呼ばれる人種は、己の信じる快楽のかたちを追求するのか、ビジネスとしてのデザインに割り切るのかの違いはあるが、それぞれに相手を打ちのめすといったことはなく、その気持ちのやさしさから、やんわりと相手の中に入り込み、そういった快楽もあるかといったことに共感することの方が多いバトルとなった。今後のデザイナー諸氏の創作活動をこれからも期待したい。


H15.10.17
K2 記

 
     

セッション7 セッション8  


専門学校の公式サイトは http://www.tda.ac.jp/
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー